ビタミンC誘導体は、従来のビタミンCに比べると把握技量が違う!

ここでは、肌トラブルの改良に役に立つビューティーマテリアル、ビタミンC誘導体についてご紹介します。

 

フルーツや野菜などに手広く塞がり、誰もが知っているマテリアルにビタミンC。美肌影響も非常に厳しく、美白影響、シワやたるみの警護、毛孔の妨害、にきびの改良などさまざまな効果が期待できる結果、エイジングケアにも欠かせないマテリアルのひとつになってある。

 

ちなみにビタミンCの形態肩書きはL-アスコルビン酸。抗酸化動き(返戻動き)があるため、年齢を促す活性酸素を消去して受け取る後、酸化したビタミンEを治癒講じるキャパまで秘めるのです。素肌の年齢は、すなわち素肌の酸化!エイジングケアを立ち向かう上で、最も重要なファクターのひとつが抗酸化物質であることは間違いありません。

 

また、ビタミンCというと“ごちそうから混ぜるからOK”と考えがちですが、上の空は困難。口から摂取したビタミンCは尿と一緒に放出されてしまい、体内に長く残ってはくれません。とにかくジュース、栄養剤で摂取したビタミンCの放出は非常に速いだ。二度と、毎日の所要容積は100mg(タバコ輩はそれ以上)ですが、レモン1個にあるビタミンCは単に20mg。加熱した野菜群れもビタミンCの調合音量が大幅に鎮まるので、それほど完璧音量を摂取しているとは限りません。

 

本気でアンチエイジングを図るのであれば、善悪、化粧品から“素肌に直接ビタミンCを補給する”という手助けを取り入れて頂ければ幸いです。

 

ビタミンCの影響とはどんなものが残る?

 

シワ、たるみの警護・解除
コラーゲンの産出を促進して素肌のはり、弾力を生みだす効果があります。また、セラミドの合体も促進させる影響と湿気を保つことも◎
変色、くすみの警護・解除
メラニン色素返戻、メラニン色素産出操作動き。また、UVによる活性酸素を省く影響も。
アンチエイジング影響
素肌の年齢の原因のひとつである活性酸素を省くおっきい抗酸化動きがあり、若々しさを保つ。
にきびの警護・解除
皮脂操作動きがあり、にきびの原因となる過剰な皮脂の分泌を牛耳る。また、炎症を押さえ付ける影響がありにきびの乱雑、それに伴うにきび痕を防ぐ。
顔付きのたるみ単純分析法はわたし

 

ビタミンCは、そのままでは化粧品には使えない…

 

ありとあらゆる効果が期待できるビタミンCでも、実は欠陥があります。

 

それは、イメージに触れると酸化し、水にとかすと活性がなくって仕舞うという仕事場。もっとビタミンCそのものを素肌につけても困難機能により、スキンの奥深くまで浸透しないのです。

 

そして、圧力が手強い結果鋭敏素肌の自分は肌トラブルを起こしてしまうことも。これでは、やけにじゃないですが化粧品として使えるわけがありません。

 

そこで開発されたのがビタミンC誘導体だ。ビタミンC誘導体はビタミンCの美肌影響を持ちながら、欠陥を克服した初々しいマテリアルだ。そしてこれによりエイジングケア化粧品に大きく生きるようになったのです。

 

ビタミンC誘導体のカタチを調べてみました。

 

角質階級まで浸透する
ビタミンCは素肌の普及キャパシティーが悪いのですが、ビタミンC誘導体は普及キャパシティーも素晴らしく角質階級まで浸透するので素肌の奥深くから素肌を手助け行う。
抗酸化動きが厳しい
がんらいビタミンCは抗酸化作用があるのですが、酸化しやすい特徴があるのでその影響が始動され辛いだ。ビタミンC誘導体は、酸化しにくい結果痛烈抗酸化動きを発揮します。
存続性・リライアビリティがある
水に溶け易い欠陥があり、アッという間に流れて仕舞うビタミンC 。ビタミンC誘導体は、素肌に浸透してからビタミンCとなるので、影響が存続・落ち着きます。