童顔メイクの基本

童顔メイクを始める前に、まるで大人の顔と幼児の顔を思い浮かべて下さい。
じつはどういった違いがあるのでしょうか?

 

幼児の顔は単価がすごく、目が顔の長さのなかばぐらいのエリア、もしくはなかばより下のエリアにあります。
また、顔のボリュームに比べると、目がものすごく、さらに黒目がおっきいのが特徴です。
眉は離れてあり眉間がワイドで、少しタレ気味になてっている。

 

幼児の顔の図形などを思い浮かべると、イメージしやすいのではないでしょうか?

 

これらの特技を踏まえたうえで、実にメイクで再現するのが童顔メイクだ。
では実際の童顔メイクのスキームを部品ごとに紹介いたします。

 

○○メイクというと、要所メイクにパワーが入りぎみですが、実は出だしメイクも重要です。
今回は童顔メイクのスキームなので、徹頭徹尾自然で健康、ふわっとしたお肌を目指しましょう。

 

もしもお肌のくすみや目の下のクマ、染みや赤みのコントラストムラがあるなら
管轄色合いやコンシーラーでコントラストを整えておきます。

 

管轄色合いは赤みの著しいお肌にはグリーンを、血色の嬉しいお肌に仕上げたいならロゼを、
クマやたるみなどの茶系のくすみの場合はオレンジを、黄みがかったくすみにはブルーをチョイスすると良いでしょう。

 

またとりわけ偏った肌荒れが無いけれど、全体的にきれいに見せたい、
という場合は黄色を選ぶと健康的な素肌になるでしょう。

 

管轄色合いやコンシーラーで敢然と、素肌を考えることによって、
ファンデーションを薄yesにすることができます。童顔メイクはあくまでも“幼顔”に挙げることが重要なので、
さぞかし塗っている!というような厚塗りファンデは禁止。

 

お肌に自信があるお客様は、管轄色合いとパウダーのみで仕上げても良いでしょう。

 

 

童顔メイクのやり方では、目のあたりは大きな要所となりますので、条目を細く分けてご評いたします。
前文童顔メイクの特技でも話した、顔に対して大きな目、黒目がでかい、
目のエリアは顔の縦の長さのなかばかそれより後半、幾らかたれぎみ、などの幼児の顔を敢然と思い出して、
その要所に近付けるように工夫ください。

 

童顔メイクにおける眉毛は、徹頭徹尾自然です点。

 

そのうえで、幾らか太めで平行眉というのがポイントになってきます。
幼児は未だに髪や眉の色素がないことも多い結果、実際の髪コントラストにもよりますが、
眉毛のコントラストは、悪徳やグレーより優最期のブラウンがおすすめです。

 

眉毛のヘア流れをブラシで整えたら、自分の眉毛の型から無理なく並行眉に飛び付くようにカットしましょう。
コームを当ててまずは下に伸びた眉毛をカットします。

 

後々で、眉山の上のポイントをカットして、ぜひ並行眉をつくりましょう。

 

眉山の上記はカットしすぎると、青く残ってしまったり、期間抜けな感触になってしまうので、
あくまでも自然に、困難薄い域を心がけてください。

 

スクリューブラシで、眉ケツから眉頭に向かって眉毛を逆立たせて、
パウダーでコントラストを乗せるように眉毛を書くと、ふんわりとしたナチュラル眉毛になりますよ。

 

仮に目と眉毛が離れ気味の場合は、目頭の下の部分にまだまだ書き足して
目と眉毛の道程を近付けると、目が広く当てはまるのでかなり幼顔に近づきます。

 

アイシャドウは徹頭徹尾自然にが基本だ。
童顔メイクのアイシャドウのコントラストは、それほど主張しないようななじみのいいブラウン、ゴールド系がおすすめです。
まずはアイシャドウのベースに上る薄めのゴールドなどをアイホール(瞼の上記全部)に少なく塗ります。

 

次に、前方よりは濃い色のブラウンを目の際に塗っていきます。
濃い目のブラウンより、かわいいブラウンのほうが目のあたりが手厚くなり、童顔メイクらしくなります。
下瞼にもアイシャドウを取り入れる場合は、目尻の皆さんだけ目の際に入れましょう。
こういう状態つり目にならないように観点に期待!

 

涙カバンも要所の一つになります。
ぷっくりと見えるように、薄めのピンクシャドウやホワイトのシャドウを使って目尻側にポイントを置くようにしましょう。